日本最大級を目指すアニメポータル「AniFav」人気アニメランキング、今期のアニメ情報をお届けします。

日本最大級を目指すアニメポータル「AniFav」独自の人気アニメランキングと今期放送中のアニメ紹介を軸に、充実した読み物をお届けします。

273045

アニメミライ2014×Anifav
アニメミライの一覧へ戻る 更新日:2014年01月29日 23時36分

「アルモニ」若手アニメーターインタビュー!斉藤健吾さん・澤田恭平さん編★「アルモニ」取材・第7回★

896
views

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014!取材本編、インタビューからはじめますよ~!

2014年、本編最初の更新はインタビューからスタートです!

んちゃ!皆さんいかがおすごしでしょうか?

ウルトラスーパーピクチャーズ「アルモニ」担当リポーター柳原利香です

寒い日が続きますね。そんな日は家で温かくしてアニメミライの記事でも読もう!

さて、今回は若手アニメーターインタビュー、ラスト組!斉藤さん・澤田さんコンビのインタビュー記事前編です!

ゴーゴー・レッツゴー!

 

★斉藤健吾さん・澤田恭平さんプロフィール★

サイトウケンゴ

8月10日生まれ。

趣味:仕事

好きな食べ物:白いご飯

好きなタイプ:ドジっ娘、眼鏡の似合う女性↓こんな感じ。

 

サワダキョウヘイ

4月8日生まれ。

趣味:観光地めぐり、ショッピング

好きな食べ物:ラーメン

好きなタイプ:自分を理解してくれる人。↓見た目はこんな感じ。

 

好きなタイプが具体的すぎてぐぎぎぎぎってなりますね!(^ω^)

 似顔絵イラスト:???(左)、平村直紀さん(右)

右の澤田さんの似顔絵は平村さんが描いてくださいました~!

そして左は誰が描いたかわからない斉藤さんの似顔絵。斉藤さんこの顔よくするんだよなぁ。うんうん。

 

★斉藤さん・澤田さんインタビュー!★

 ★アニメーターについて★

――では、まず斉藤さん!斉藤さんはどのようにしてアニメーターになられたのですか?

斉藤)僕は高校を卒業して専門学校に行ってアニメーターになりました。20歳からやっています。

高校3年生のころ親から「もう自分の将来のこととか自分で決めていく年齢だよ」って言われて「あ、そうなんだ。俺もう大人になっていかなきゃいけないんだ」と思いまして。

将来のことを考えたときに「じゃあアニメーターになろう」と思いました。

そのころちょうど「トップをねらえ2!」を見ていて影響受けたのもあります。

(※「トップをねらえ2!」鶴巻和哉監督・GAINAX制作)

――ほほう!トップ2!(トップをねらえ2の略称)

斉藤)その「トップをねらえ2!」の番組ラジオを聞いていて、「岩田光央と福井裕佳梨に会いてぇー!」って思って1回声優になってみようとしたこともあったんですよ。

でもやっぱりアニメーターになろうというところで落ち着いて(笑)

――1回声優になろうとしていたんですか!(笑)

斉藤)アニメに関係のある仕事にとにかく就きたかったんですよ(笑)

絵を描くことは得意だったので「じゃあそれを生かそう!」っていうところに最後は落ち着きました。

小さいころからずっと絵を描くことが好きだったから。キャラクターを描きたいっていうのもあってアニメーターになる道を選びました。

――澤田さんは何かアニメーターになろうと思ったきっかけは何かありましたか?

澤田)僕は漫画の専門学校に行っていたんですよ。そのころ画集とかを買い漁って、読み漁っていて。

そこでアニメーターの存在を知って「アニメーターってめちゃくちゃ上手いな」って思ったんです。

そのときアニメーターの存在を意識するようになりました。

でもまだ「アニメーターになろう」とまでは思っていなかったんですよ。

それからは漫画をずっと描いていたんですけれど売れなくて。同人誌とかを作っていたのですが……。

――どのような漫画を描かれていたのですか?

澤田)パチスロ漫画を描いてました。パチスロ漫画家になりたかったんですけど、全くなり方がわからなくて。

それで右往左往しているうちに時間がすぎ……そのうち「俺、ストーリー書けないな」って気がついて(笑)

絵を描くのは得意だけれどストーリーは書けないというか、そもそも自分はストーリーを作ることに興味がないんだっていうことを感じて、「漫画はむいていないな」と思ったんです。

それで他の仕事を考えたときに漫画の専門学校に通っていたころに感じた「アニメーターって上手いな」っていうのが頭にあったんです。

 

★好きなアニメについて★

――お二人のお好きなアニメは何ですか?

斉藤)僕、本当に何でも好きなんですよね。

澤田)そうだね。斉藤君はかなりのアニメ好きだよね。本当に何でもよく見ている印象。

斉藤)うん。どんなジャンルでも見るね。

澤田)僕は「サムライチャンプルー」ですね。かっこいい!おしゃれだし、その上面白い!

(※「サムライチャンプルー」渡辺信一郎監督・マングローブ制作)

――斉藤さんは何か特に「これは!」という作品はありませんか?

斉藤)うーん。1つ作品名をあげるとしたらやっぱり「トップをねらえ2!」かなぁ。

アニメーターになるきっかけの作品だったし。

あと「ペルソナ3」の劇場版。

(※「PERSONA3 THE MOVIE #1 Spring of Birth」秋田谷典昭監督・AIC ASTA制作) 

澤田)え?それって自分が参加した作品の宣伝?(笑)

斉藤)皆さん見てくださいね☆

――語尾に「☆」がつくような言い方ですね(笑)

斉藤)つけておいてください!タナトスが出てくるところ。探してみてね☆

 

★次回につづく!★

 

インタビューをした当日は2人の写真を撮ることができず、後日撮影しました。

その際、2人のスケジュールが合わず別々の撮影に。

可愛く決めようとする斉藤さん(左)とかっこよく決めようとする澤田さん(右)の図です。

 

★今回はここまで!★

 斉藤さん・澤田さんのインタビューは次回につづきますよ!

次回はアニメミライや、「アルモニ」についてのお話をお届けする予定です♪

 

★今回のおまけ★

斉藤さんの机に置いてあった紙で作られたスカート!!完成度高ェーなオイ。

すごいすごい!こんなのどうやったら作れるんでしょう?

これは何に使うんですか?斉藤さん?

斉藤さん「これあると便利ですよ。スカートの動きが分かるでしょ?」

今手に持っているものは何ですか?

斉藤さん「え?フィギュアっす。」

 

それではいよいよ次回が若手アニメーターインタビューのラスト回です。

斉藤さん・澤田さんインタビュー後編、見てくださいね~!

ではではバイちゃ!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター紹介

ページトップ
ウルトラスーパーピクチャーズ担当リポーター 柳原利香(1991年5月5日生まれ)

アニメに青春を捧げる駆け出し声優です。
アニメミライのことをより多くの方々に知っていただきたい!
1人のアニメファンとして様々な角度から情報をお届けいたします!
私と一緒にアニメ文化を盛り上げましょう♪

ツイッター
@ricca5

この記事に関するコメント

みんなのコメント1 コメントする
1 :翔:2014年1月30日 00:29

んちゃ!早いものでインタビューはもうラスト組なんですね…

斉藤さん、声優さんになろうとしてたの驚きです…!! これはニコ生でなんらかのセリフを言ってもらうしか…あ、澤田さんが昔描いた同人誌にセリフをあててもらいましょう!笑

というか、斉藤さんが好きなタイプ、メガネの似合うドジっ娘…あれ?これってもしかして利香さんのことじゃ…? …えっと、利香さんおめでとうございます!(?)

次回の記事も楽しみにしてますねー!



画像の中に見える文字を入力してください。

コメントの反映には1時間ほどお時間がかかります。

アニメミライ

アニメミライとは?

2010年度から始まった文化庁若手アニメーター育成プロジェクト。国内のアニメ制作プロダクションからオリジナルアニメーションの企画を公募し、選考の結果選ばれた4社が、未来を担うアニメーターを育てながら、約25分の短編アニメを生み出します。

公式サイトへ
アニメミライ2014 公開スケジュール
アニメ業界気鋭の4社が集結!

アニメミライ2014 参加企業

ページトップへ