7種類の有効成分でかぜの諸症状に効く 第 2 類医薬品 パブロンエースPro錠 お金を節約 大正製薬 36錠×3個セット 4185円,36錠×3個セット,/ectonephridium896280.html,7種類の有効成分でかぜの諸症状に効く!,【第(2)類医薬品】大正製薬,医薬品・コンタクト・介護 , 医薬品・医薬部外品 , 医薬品 , 風邪 , 第二類医薬品,パブロンエースPro錠,animemirai.jp 4185円 7種類の有効成分でかぜの諸症状に効く! 【第(2)類医薬品】大正製薬 パブロンエースPro錠 36錠×3個セット 医薬品・コンタクト・介護 医薬品・医薬部外品 医薬品 風邪 第二類医薬品 4185円 7種類の有効成分でかぜの諸症状に効く! 【第(2)類医薬品】大正製薬 パブロンエースPro錠 36錠×3個セット 医薬品・コンタクト・介護 医薬品・医薬部外品 医薬品 風邪 第二類医薬品 7種類の有効成分でかぜの諸症状に効く 第 2 類医薬品 パブロンエースPro錠 お金を節約 大正製薬 36錠×3個セット 4185円,36錠×3個セット,/ectonephridium896280.html,7種類の有効成分でかぜの諸症状に効く!,【第(2)類医薬品】大正製薬,医薬品・コンタクト・介護 , 医薬品・医薬部外品 , 医薬品 , 風邪 , 第二類医薬品,パブロンエースPro錠,animemirai.jp

7種類の有効成分でかぜの諸症状に効く 第 毎日続々入荷 2 類医薬品 パブロンエースPro錠 お金を節約 大正製薬 36錠×3個セット

7種類の有効成分でかぜの諸症状に効く! 【第(2)類医薬品】大正製薬 パブロンエースPro錠 36錠×3個セット

4185円

7種類の有効成分でかぜの諸症状に効く! 【第(2)類医薬品】大正製薬 パブロンエースPro錠 36錠×3個セット




  
商品の特長パブロンエースPro錠 36錠」は、イブプロフェン、L-カルボシステイン、アンブロキソール塩酸塩など 7種類の有効成分を配合し、のどの痛み、せき、鼻みず、発熱など11のかぜの諸症状に効果をあらわすかぜ薬です。
内容量36錠×3個
効能・効果かぜの諸症状(のどの痛み、せき、発熱、鼻みず、鼻づまり、くしゃみ、たん、頭痛、悪寒、関節の痛み、筋肉の痛み)の緩和
全成分(3錠中)イブプロフェン 200mg 発熱、頭痛、のどの痛み等、熱と痛みをしずめます。
L-カルボシステイン 250mg 気道粘液・粘膜を正常な状態に近づけます。
アンブロキソール塩酸塩 15mg せきの原因となるのどにからまるしつこいたんを出しやすくします。
ジヒドロコデインリン酸塩 8mg せき中枢にはたらき、せきをしずめます。
dl-メチルエフェドリン塩酸塩 20mg 気管支を広げ、呼吸を楽にして、せきをしずめます。
クロルフェニラミンマレイン塩酸 2.5mg くしゃみ、鼻みず、鼻づまりの症状をおさえます。
リボフラビン(ビタミンB2) 4mg かぜの時に消耗しやすいビタミンを補給します。
添加物:セルロース、無水ケイ酸、乳糖、ヒプロメロース、ヒドロキシプロピルセルロース、デンプングリコール酸Na、タルク
用法・用量・使用方法 次の量を食後なるべく30分以内に水又はぬるま湯で服用してください。 
15才以上 1回3錠 1日3回
15才未満 服用しないこと
<用法・用量に関する注意>
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)錠剤の取り出し方は、錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り、取り出して服用してください。(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります)
使用上の注意 【してはいけないこと】
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなります)
1.次の人は服用しないでください
(1)本剤によるアレルギー症状を起こしたことがある人。
(2)本剤又は他のかぜ薬,解熱鎮痛薬を服用してぜんそくを起こしたことがある人。
(3)15才未満の小児。
2.本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も服用しないでください。
他のかぜ薬,解熱鎮痛薬,鎮静薬,鎮咳去痰薬,抗ヒスタミン剤を含有する内服薬(鼻炎用内服薬,乗物酔い薬,アレルギー用薬)
3.服用後,乗物又は機械類の運転操作をしないでください
(眠気があらわれることがあります)
4.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けてください
(動物試験で乳汁中への移行が認められています)
5.服用時は飲酒しないでください
6.5日間を超えて服用しないでください
【相談すること】
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談してください
(1)医師又は歯科医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)高齢者。
(4)本人又は家族がアレルギー体質の人。
(5)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(6)次の症状のある人。
高熱,排尿困難
(7)次の診断を受けた人。
甲状腺機能障害,糖尿病,心臓病,高血圧,肝臓病,腎臓病,緑内障,全身性エリテマトーデス,混合性結合組織病
(8)次の病気にかかったことのある人。
胃・十二指腸潰瘍,潰瘍性大腸炎,クローン氏病
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この説明書を持って医師又は薬剤師に相談してください
(1)服用後,次の症状があらわれた場合。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤、かゆみ
消化器:悪心・嘔吐,食欲不振,胃部不快感,胃痛,腹痛,胃・腹部膨満感,胸やけ,口内炎
精神神経系:めまい,しびれ感
その他:目のかすみ,耳なり,排尿困難,むくみ
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
ショック(アナフィラキシー):服用後すぐにじんましん,浮腫,胸苦しさ等とともに,顔色が青白くなり,手足が冷たくなり,冷や汗,息苦しさ等があらわれる。
皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群):高熱を伴って,発疹・発赤,火傷様の水ぶくれ等の激しい症状が,全身の皮ふ,口や目の粘膜にあらわれる。
中毒性表皮壊死症(ライエル症候群):高熱を伴って,発疹・発赤,火傷様の水ぶくれ等の激しい症状が,全身の皮ふ,口や目の粘膜にあらわれる。
肝機能障害:全身のだるさ,黄疸(皮ふや白目が黄色くなる)等があらわれる。
腎障害:尿量が減り,全身のむくみ及びこれらに伴って息苦しさ,だるさ,悪心・嘔吐,血尿・蛋白尿等があらわれる。
無菌性髄膜炎:首筋のつっぱりを伴った激しい頭痛,発熱,悪心・嘔吐等の症状があらわれる。(このような症状は,特に全身性エリテマトーデス又は混合性結合組織病の治療を受けている人で多く報告されている)
間質性肺炎:空せき(たんを伴わないせき)を伴い,息切れ,呼吸困難,発熱等があらわれる。(これらの症状は,かぜの諸症状と区別が難しいこともあり,空せき,発熱等の症状が悪化した場合にも,服用を中止するとともに,医師の診療を受けること)
ぜんそく
(2)5-6回服用しても症状がよくならない場合。
(特に熱が3日以上続いたり,又は熱が反復したりするとき)
3.次の症状があらわれることがあるので,このような症状の継続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師又は薬剤師に相談してください
便秘,口のかわき,下痢
文責 登録販売者 大西 隆之
広告文責 (株)フェリックスコーポレーション
お客様専用ダイヤル 06-6556-6663
メーカー(製造) 大正製薬株式会社
区分 日本製・指定第2類医薬品
【医薬品使用期限について】
医薬品の使用期限は365日以上のあるものをお送りします。
【医薬品販売に関する記載事項】
(必須記載事項)

7種類の有効成分でかぜの諸症状に効く! 【第(2)類医薬品】大正製薬 パブロンエースPro錠 36錠×3個セット

  • ネオジム磁石
    製品情報

    現在、世界で最も強力な磁石です。わずか数cmの大きさで、10kg以上の吸着力!アイデア製品、新製品開発に最適です。

  • サマコバ磁石
    製品情報

    温度特性に優れているため温度安定性が要求される用途に適しています。防錆のための表面処理は不要です。

  • フェライト磁石
    製品情報

    酸化鉄を主原料にしているため、低コストが重視される用途に向いています。錆の心配はありません。

  • 表面磁束密度
    吸着力計算

    ご希望の磁石の表面磁束密度、吸着力、限界使用温度などを計算いたします。径方向着磁にも対応いたしました。

  • 磁石・磁気の
    用語辞典

    磁石・磁気に関する用語解説集。専門書にも負けない豊富な内容で、初心者からプロまで幅広くご利用いただけます。

  • 磁石の歴史

    大昔の磁石、磁気科学の歴史、強力な磁石が出現した背景など多くの図表を使って解説しています。

メールアドレス
リメンバーNeoMag通信 【電池の基礎シリーズ(1)】
2012年10月配信
1.電池の始まり
1660年頃、ドイツの物理学者ゲーリックは、イオウのボールの回転による摩擦で静電気を発生させる“摩擦起電機”を発明しました。その後1700 年代に入り、米国の独立宣言起草者の一人でもあるベンジャミン・フランクリンが電気には“プラスとマイナス”があることを提唱し、1752 年の有名な凧揚げ実験で、電荷がライデン瓶と呼ばれた蓄電器に集められて、雷が摩擦電気の放電現象と同じ現象であることを証明しました。
ゲーリックの摩擦起電機により静電気の研究は進展してゆきましたが、実用化を熱心に考えていたのは当時の医者でした。そんな中で1780年、イタリアの解剖医のガルバーニが、死んだカエルの足が金属のメスに触れるとけいれんを起こしたり、鉄柵に吊るしたカエルの足が雷の発生とともにピクピク動くことを見つけ、1791年その原因は動物電気(ガルバーニ電気)によるものだという論文を発表しました。
磁石関連用語PickUp
ネオマグFacebook