ツイート
トップ  >  ニュース一覧  >  ●●若手原画インタビュー!【後編】●●

●●若手原画インタビュー!【後編】●●

2013-03-13 10:17:12
REPOTER 光川真由
登録タグ: インタビュー  

■前編はこちら⇒http://www.animemirai.jp/news.php?p=150

 ■4社の交流合宿!? 

新田:普通のTVシリーズとアニメミライと大きく違うのは、
  時間(制作にかける日数)・枚数でしょうか。
  あと月1回くらいで計4~5回程ヒアリングがあったり。お泊りもあったね!
―――― お泊り…!?
長屋:1回目の全体講義の間、会社の垣根を越えて、皆で集まってお泊りしたんです。
  学生の修学旅行みたいでした。
新宅P:一昨年あたり”会社の横の交流があまりない”という話があったらしく、
   昨年から若手みんなで合宿をしようという企画になったみたいです。世代もほぼ同じですしね。
長屋:夜、他社の人達と1つの部屋に集まって、ほとんど全員で飲み会しました!
川瀬:トリガー陣寝落ちしちゃってたけど(笑)
―――― 仕事を始めると、横の交流って減ってしまうんですか?
新宅P:制作は別だけど、原画さんは基本あまりないので、そういった意味で、
   外の会社の人達と友人になれる機会をアニメミライがつくってくれたのかなと思っています。


 ■同期の大切さ 

稲熊:専門学校では、ひと通り仕上げや撮影なども体験できたので、動画の仕事をするときに
  「こんな風に描いたらいいんじゃないか」とある程度解りました。
川瀬:専門学校を出ていると広がりますよ。新田さんも友達が作りやすいって言ってましたし。
新田:特に地方から上京してくる人は、環境の変化が1番に不安になることだと思います。
  専門学校にいくことで、悩みを相談できる仲間もできる。それって大切なことだと思いますし、
  就職した後も”同期”という形で、仕事にも生きてくる。
  たとえば「アイツも頑張ってるから自分も頑張ろう」ってキモチにもなれるし、
  悩んでいるのは自分だけじゃないってことも解る。
  僕は同期がいなかったから、悩みを話す対象が先輩になるので気を遣ってしまったり…
  描けるようになるまで辛かったですね。描いてあたり前の世界だし。
  同期の存在って、すごく大事です。
藤木:話した方が、客観的に見えてくる事もありますし。
新田:”こういうものだ”って思いこみで走って外れてしまう所も、冷静になれたりしますね。
  横の繋がりは「手を繋いで生き残っていこう!」って感じ。
―――― 縦の関係も横の関係も、大切なんですね♪



 ■これからの目標!! 

川瀬:本当は、企画・制作・演出・声優etc.…アニメ制作のスタートから最後まで、全部やりたいです。
  現実、自分の人生で全部は難しいけれど…。
新田:プロデューサーがいいと思うよ。プロデューサーやると、すっごく解るから!
―――― 全部経験した先の目標があるんですか?
川瀬:単に好奇心ですが、作品と一緒に走りたいんです。でも1番は…楽しく仕事がしたい(笑)
  気づいたらアニメミライのリポーターやってるかもしれないですよ(笑)
一同: (笑)
稲津:作画でやっていきたいです。
  3~5年後は、レイアウトもきっちりできるようになっていたいです。
長屋:原画で経験を積んで、最終的には自分の作品を作りたいです。
  演出も絵コンテもばりばりやって、色んなポジションを経験したい。
  後々、作品を作る為に必要なことは、例えば釣り堀に魚を養殖するようなことだと思うんです。
  その中でいろんな魚を育てて、使いたい時に糸を垂らして釣っていけるようにしたいです。
新田:その魚に合ったエサ(仕事)を与えると、魚も生き生きしてくる。ソコが大事だね。
稲熊:原画をばりばりやっていたいです!チャンスがあれば作画監督も1度は経験してみたい。
  演出よりもOPなど、1人で作ってみる仕事をしたいです。
藤木:原画が楽しいので。
  でも経験できるなら、作画監督・演出・絵コンテまでやってみたいです。
室田:上手くなっていたいと思います。作画方面でいきたいです。


 ■若手原画の一言感想♪ 

それでは最後に、アニメミライ公式ツイッターで先日掲載した、
若手原画マン達の感想をまとめてアップします(*^^*)/


川瀬:アルヴは監督も含め、経験の少ないセクションで仕事をする人が多く、
  色々模索しながら進んでいった気がします。
  そういった所がこれまでのアニメミライ作品にない「隅まで必死な作品」に仕上がっていると思います。
  その辺が伝わればいいかなーと思います。
稲津:レムとポエムの身長差には苦労しました。キスシーンで…。なかなか、届かなかったので…。
  今後の課題の方が、多いです。
長屋:物語の中盤、部屋の中が爆発したりしてケムリがモヤ~ッとなっているところは実際には
  かなりの密度で線が引かれています。暗かったり処理がかかったりしてほとんど見えないけど(笑)
  エフェクトってむずかしい!
稲熊:ボディプール内の水中の気泡と花びらになって散るシーンは何度も描き直したので、大変でした。
  ヒロインの裸を目に焼き付けておいてくださいね。
藤木:ウォードッグを描くのが大変だったです。
室田:描けないものがいっぱいあって難しかったです。もっと勉強します。
(画像1枚目) (画像2枚目)(画像3枚目)
 (※左より= アルヴチーム遂に打上げ/ 満開笑顔の吉原監督(24)/ 社内で発見!誰かのアルヴ落書きw)


『アルヴ・レズル -機械仕掛けの妖精たち-』を制作していただいた・関わってくださった皆様、
本当に、ほんっとーに、お疲れ様でした!素敵な作品をありがとうございます!!
今回貴重な経験を積まれた皆様の、今後の活躍が楽しみですね♪
これからもみんなで応援していきましょうー!!

2013-09-02 22:57:27

アニメミライ2014 公式リポーター募集のお知らせ

文化庁の平成25年度若手アニメーター等人材育成事業(アニメミライ2014)について、 昨年度に続き、...

2013-05-28 16:08:18

アニメミライに参加を希望される若手原画アニメーターの皆さんへ

アニメミライへの参加を希望される若手原画アニメーターの皆さん、お待たせしました。 アニメミライ...

2013-05-21 17:24:13

アニメミライ2014 参加社決定!

5月15日(水)、アニメミライ2014の選定・評価委員会が開催されました。 15社17企画について約10時間にも...

2013-05-01 00:12:36

マチ★アソビ vol.10に参加します!

諸君、アニメミライは還ってきた。ホームタウン、徳島の地に! というわけで、アニメミライ2014、マ...

2013-04-26 00:00:00

アニメミライ2013 パンフレットの正誤表

アニメミライ事務局では、内容に誤りがないよう細心の注意を払いパンフレットの製作をしております。し...