ツイート
トップ  >  ニュース一覧  >  『デス・ビリヤード』の世界観

『デス・ビリヤード』の世界観

2012-11-05 23:25:22
REPOTER 春日直

ハイサーイ!マッドハウス『デス・ビリヤード』担当の公式リポーターの春日直でございます。
火曜日に第一回の記事を更新したばかりではございますが、早速第二回の記事を掲載致します!

 『デス・ビリヤード』のあらすじ

皆さんご存知かとは思いますが、現在公開されている『デス・ビリヤード』の情報は、2枚のビジュアルとあらすじのみでございます。
そこで、『デス・ビリヤード』に関して、「私、気になります!」と前回も申し上げました通り、立川譲監督に世界観をお伺いしました。

 立川監督の語る『デス・ビリヤード』

まずは、この物語の主要人物4人をざっくりと説明致しましょう。(写真4参照)

デスゲームをする二人 男:リア充サラリーマン / 老人:おじいちゃん。昔はヤンチャしてた!
その他 バーテンダー:イケメン / 女:バーにいるネーチャン

ざっくり。
物語はこの4人を軸に展開されていきます。
主役が誰、という訳でもなさそうなので、群像劇になるのでしょうか。
それは見てからのお楽しみだそう!うわーん!気になります!

場所のイメージとしては、「レトロな雰囲気の漂う遊郭の様な洋風のバー」であり、内装の特徴としては、「日本かぶれの外国人が、日本のイメージを勘違いして作った内装」とのこと。

ほう?つまり、「日本語で『俺イケメン』と刺青を入れてくれ」と頼んだ外国人が、『俺イカメン』と入れられた刺青を友人に見せ、誇らしげに、「見てくれよ。日本語で『俺イケメン』って入れてもらったんだぜ?ドヤァ」というイメージでしょうか。

いや、冗談はさて置きまして、そういった素敵なキャラクターや背景美術(場所のイメージ)の詳細などに関しては、ニコニコ生放送の勉強会や、今後少しずつ記事で明かしていきますので、お楽しみに!

この物語は、命をかけたデスゲームと言うこともあり、「人間の本性」に迫る内容となっているそうです。

更に、リアリティーの追求にも力を入れており、実際にハスラー(プロのビリヤードプレイヤー)さんの方に、スタッフ一同でビリヤードの勉強をしに行って技を教えてもらうなど、しっかりと下調べをされています。

立川監督は、「ビリヤードが好きな人が見て、がっかりして仕舞わないような、説得力のある作品にするために必要なことなので。」とおっしゃっておりました。流石です。
ビリヤードは、実際に存在する空間にある物質であり、人が実際に見たり触れたりする物なので、作画上の嘘が一切通用しないですからね。

作品の見所としては、「ビリヤードにおける心理戦」を挙げられていらっしゃいました。
そしてアクションシーンも。え?!アクションシーン?!
…一体ビリヤード中にどこでどういう風にアクションシーンが絡んでくるのかは全くの謎ですが、アニメ業界でビリヤードをピックアップした作品は大変少ないので、かなりレアな演出が見れることでしょう。期待大!

また、画面の作り方には、かなりのこだわりがあり、作画には相当見所があるとのこと!
空間は、パース(遠近法・距離感のこと)が取り辛い、円形のレイアウト(何が何処にあるかなどの配置のこと)を全て作画さんが、人間の手で描いています。
通常の四角い空間(一般家庭や教室などをイメージして下さい)の奥行きを表現するのとは訳が違い、本来、若手さんには絶対に任せない作画だそうです。ひ、ひえ~…
これを、立川監督が背景美術さんに説明した際に「人間の手で描くんですか?」「3Dじゃなく?」と何度も確認された挙句、「これは挑戦し甲斐がありますね!」というお言葉を頂いたそう。

さすがアニメミライ!
普通の若手アニメーターには任されない作画が出来る!!
そこにシビれるあこがれるゥ!



そんなこんなで、今回、立川監督が満遍なく『デス・ビリヤード』に関して教えて下さったお陰もあり、情報量が膨大です。
見所満載すぎ!
なので、次回以降に振り分け、小出しに…小出しに…

立川監督のインタビューの最後に、立川監督の作業机をパシャリ(写真2参照)

 現在の進行状況

ところで現場はというと…

あれ?デジャヴ?(写真3参照)
あれ、こんなのあったっけ!これが噂の参考資料!(写真1参照)

て、ていうか…今日も大変そう…忙しそう…声がかけられません!
どうしよう…ちくしょう!これじゃあ無能リポーター!と思っていた所、素晴らしいお誘いが。

角木プロデューサー「今日マッドハウスの親睦会あって、そこに『デス・ビリヤード』のスタッフも参加してるんだけど、参加しますか?」

あなたが神か!

という訳で!親睦深めて来ちゃいました
そもそも、マッドハウスだけではないとは思いますが、こういった催しは作品の最後に打ち上げをしたり、同じ作品を作っている仲間との親睦を深める場として、ちょこちょこ企画されるそうです。
女性も多く、とってもフレンドリーに接して頂けたので、色んなお話も伺えました!
どうやらアニメミライ、参加されてる若手さんの先輩方から「アニメミライ参加してるんでしょう?いいな~」と絶賛されているそう!
やはり、通常の現場だと、「作業について気軽に質問できることはまずない」そう。

「レイアウトの修正も、通常は1~2回見てもらう程度のところ、何回でも修正して、説明して頂ける!」

その為、アニメミライの存在は大変ありがたいとのこと!

聞きましたか?うっ…これでこそアニメミライの事業をやった甲斐がありますね。

 おまけ

立川監督「これ、皆で『デス・ビリヤード』がんばろうー!って意気込みで描いたんだよー」

つ(写真5参照)

私の知ってる『デス・ビリヤード』じゃない!!!!!!
すごく…可愛いです…!

和気藹々とした雰囲気で作業されてるのですね。そんな事が伝わってくる寄せ書きです。

次回はキャラクターデザイン・作画監督をされている、栗田新一さんにインタビューを予定しています!
作画のこだわりが伺えるかも…お楽しみに!

ご質問・感想などは、アニメミライTwitter公式アカウントまで☆



   マッドハウス公式HP   

2013-09-02 22:57:27

アニメミライ2014 公式リポーター募集のお知らせ

文化庁の平成25年度若手アニメーター等人材育成事業(アニメミライ2014)について、 昨年度に続き、...

2013-05-28 16:08:18

アニメミライに参加を希望される若手原画アニメーターの皆さんへ

アニメミライへの参加を希望される若手原画アニメーターの皆さん、お待たせしました。 アニメミライ...

2013-05-21 17:24:13

アニメミライ2014 参加社決定!

5月15日(水)、アニメミライ2014の選定・評価委員会が開催されました。 15社17企画について約10時間にも...

2013-05-01 00:12:36

マチ★アソビ vol.10に参加します!

諸君、アニメミライは還ってきた。ホームタウン、徳島の地に! というわけで、アニメミライ2014、マ...

2013-04-26 00:00:00

アニメミライ2013 パンフレットの正誤表

アニメミライ事務局では、内容に誤りがないよう細心の注意を払いパンフレットの製作をしております。し...